転職、就職、求人情報・お仕事ナビ

 求人情報サイト・・・タイプ1

インターネット上で、求人情報を掲載しているサイトは、大きく分けて
「検索申込み型」 「登録紹介型」 「登録スカウト型の、3つのタイプに分ける事ができます。

まず「検索申込み型」求人情報サイトについてですが、
このタイプのサイトは、ネット上で求人募集が始まった頃からある、求人情報サイトです。

その内容は、まず、そのサイトにある検索機能を使って、あなたの希望の職種や条件を入力して、求人情報を絞り込みます。

あるいは、そのサイトに職種別に、求人募集している企業がリストアップされていますので、その中から選びます。

次に、その絞り込んだ企業の詳細な求人情報をチェックして、もし、
あなたの希望に合う場合、ネット上からあなたご自信で直接、その企業に応募します。
つまり、このタイプの求人情報サイトは、市販の求人情報誌の
インターネット版といえるのです。

応募後は、約一週間前後で企業から、主にメールで、面接の有無の連絡があるのが一般的です。(ひたすら返事を待つだけ!です。)

このタイプの求人情報サイトを、上手に利用するポイントは、以下の3つのことが大切になってきます。

 定期的にサイトを訪れ、新着の求人情報をチェックする

サイトごとに、新着の求人情報が更新されていますので、あなたの希望の企業が見つからなくても、あきらめずに、定期的にチェックすることをお奨めします。

サイトごとに、求人情報の更新間隔はまちまちで、毎日更新されているサイトや、週に2回、あるいは、新着の求人情報があるごとに、更新されるものまで様々です。

また、サイトによっては、あなたのメールアドレスを登録しておけば、新着の求人情報が無料で配信される、サービスもありますので積極的に活用しましょう。

 求人情報の掲載期間をチェックする

希望の求人情報が見つかった場合は、必ず求人情報の掲載期間をチェックして、
掲載期間中に申し込むことが必要
です。
(当然、掲載終了後は、ネット上に求人情報は表示されません。)

通常は2週間〜3週間程度、期間の長い求人募集で4週間程度の掲載が一般的です。

希望の求人情報が複数あった場合は、求人募集の内容をプリントアウトしておけば、パソコンを見なくても、すぐに比較検討ができます。

すでに求人募集を終了した企業でも、時々書類選考や面接に応じてくれる場合もありますので、あきらめずに、メールか電話連絡してみましょう。

 学歴、職務経歴を事前に作成しておく

ネット上から申し込む場合は、あなたの学歴、職務経歴、アピールポイントを企業宛に送信するわけです。この時、事前にこれらのデータをWindowsの「メモ帳」にデータとして作成しておくと、とても便利です。

特に、求人情報の掲載が終了間際に、急いで申し込むときの誤字、脱字がなくなりますし、複数の企業に応募する場合も、短時間で済ますことができます。

その上、事前にあなたの職務経歴書を、じっくり検討して、少しでも転職活動を有利にできます。


   次へ→ 求人情報サイト タイプ2

TOP求人情報の利用法と転職時の手続き資格取得について

ネットの活用法|求人情報サイト タイプ1|タイプ2タイプ3求人応募のデータ作成
職務経歴書の書き方経歴書実例1経歴書実例2キャリアを証明する資料・作品集企業情報のチェックポイント

正社員IT・エンジニア人材派遣医療関連アルバイト在宅ワークネット・フランチャイズ
資格・学校資格・通信講座リンク集サイトマップ

Copyrights(c)2004 イディオム All Rights Reserved