転職、就職、求人情報・お仕事ナビ

 職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方は、これといった決まった書き方が、あるわけではありませんので、あなたの工夫でアピール度の高いものを作成してください。

応募先の企業でも、履歴書より職務経歴書を重要視しますので、よく内容と書き方を、検討する必要があります。

 職務経歴書 書き方のポイント

  • 文章は箇条書きとし、文体をそろえた書き方にします。
  • A4サイズの横書きで、枚数は2枚程度ですが、職務経歴の短い方は1枚、逆に長い方は3枚程度が適当です。
  • 職務経歴書は履歴書と違い、パソコンを使用してレイアウトや、見ばえを工夫して作成します。(手書きの必要はありません。)
  • 書き方は、年代順に順を追って職務経歴を書く編年体式と、キャリアごとに分けて書く、キャリア式の2種類の書き方があります。
  • 編年体式は、職務経歴の短い方や、担当した1つのプロジェクットの期間が、かなり長い方に向いています。(例:会社設立に、長期間関わった方など)
     →職務経歴書の実例(編年体式)
  • 職務経歴書の内容は、以下の書き方がその一例です。
    希望職種→最終学歴→資格→職歴の概要→具体的職務内容→アピールポイント
 

 職務経歴書 作成時の注意事項

  • 職務経歴書の書き方は、書籍やネット上で具体例が紹介されていますが、それを参考にして、ご自身の工夫を盛り込むことを忘れないでください。
  • 入社、学歴の年月、あるいは経歴に記入する年月の数字は、必ずチェックして正確に記入します。
  • 一部の人にしかわからない専門用語の使用や、アピール度を高めるために、極端に誇張するような書き方は避けます。
  • 職務経歴書ができあがったら、あなたが企業の面接担当者になったつもりで、もう一度客観的に、内容と書き方を見直してください。←重要
  • 最後に職務経歴書の全体をみわたし、レイアウトのバランスと誤字脱字がないか、再度チェックします。

   次へ→ 職務経歴書の実例(編年体式)

    求人情報サイトはこちら

TOP求人情報の利用法と転職時の手続き資格取得について

ネットの活用法求人情報サイト タイプ1タイプ2タイプ3求人応募のデータ作成
職務経歴書の書き方|経歴書実例1経歴書実例2キャリアを証明する資料・作品集企業情報のチェックポイント

正社員IT・エンジニア人材派遣医療関連アルバイト在宅ワークネット・フランチャイズ
資格・学校資格・通信講座リンク集サイトマップ

Copyrights(c)2004 イディオム All Rights Reserved