転職、就職、求人情報・お仕事ナビ

 雇用保険の手続き

<雇用保険について>

雇用保険を受け取るには、以下の4つの条件が必要になりますので、必ず確認しておきましょう。
  1. 今現在、失業状態であること。
  2. 雇用保険の受け取り資格を確認できること→退職時に受け取る、離職票が必要です。
  3. 退職時以前の1年間に、雇用保険加入期間が合計6カ月以上あること。
  4. ハローワークに、求職の申し込みが済んでいること。
  • 妊娠、病気やケガで働けない人は、受け取り資格がありませんが、受け取り期間の延長を申請すれば、後日受け取ることができます。(つまり、今すぐに転職、就職ができない場合)
  • 独立開業を準備している人や、税理士などの資格を持っている人は、受け取り資格はありません。
<雇用保険の受け取り日数>

雇用保険の受け取り日数は、退職理由により以下の3つに分ける事ができ、年令と雇用保険の加入期間によって、それぞれ細かく分けられています。

 1.解雇、倒産による退職の場合
雇用保険の加入期間
退職時の年令 1年未満 1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
30才未満 90日 90日 120日 180日
30才以上
35才未満
180日 210日 240日
35才以上
45才未満
240日 270日
45才以上
60才未満
180日 240日 270日 330日
60才以上
65才未満
150日 180日 210日 240日


 2.定年退職、自己都合による退職の場合
雇用保険の加入期間
退職時の年令 10年未満 10年以上20年未満 20年以上
全ての年令 90日 120日 150日


 3.就職困難者の場合
雇用保険の加入期間
退職時の年令 1年未満 1年以上
45才未満 150日 300日
45才以上
65才未満
360日


<雇用保険の受け取り金額>

雇用保険で受け取れる、1日当たりの金額を「基本手当日額」といいます。
この「基本手当日額」は、離職した日の直前の6か月に支払われた給料(ボーナスは除きます)の合計を180で割って算出した金額の、およそ50〜80%となっています。(60歳〜64歳については45〜80%)賃金の低い人ほど高い率となっています。

基本手当日額は年令ごとに、上限額が決まっていて、現在は下記のようになっています。

平成16年8月1日現在
 30才未満  6、495円
 30才以上45才未満  7、215円
 45才以上60才未満  7、935円
 60才以上65才未満  6、916円


<雇用保険の受け取りのスケジュール>

雇用保険を受け取る場合は、退職の理由によって、下記の2つの場合に分けられ、保険料の受け取り時期も変わってきます。

1.自己都合による退社の場合 2.会社都合、定年による退社の場合
退社 退社
退職時に離職票の受け取り 退職時に離職票の受け取り
ハローワークへの
求職の申し込み
(受け取り資格の決定日)
この間は
4週間以内
ハローワークへの
求職の申し込み
(受け取り資格の決定日)
(7日間の待機)
(7日間の待機)
待機の終了 待機の終了
この間は
3カ月の
支払い
制限期間
ハローワークの説明会に出向く ハローワークの説明会に出向く
1回目の失業認定を受ける 1回目の失業認定を受ける
この間は
4週間
雇用保険の
支払い制限期限の終了
雇用保険の1回目の支払い
2回目の失業認定を受ける 2回目の失業認定を受ける
雇用保険の1回目の支払い 雇用保険の2回目の支払い
以後指定のスケジュールで
ハローワークへ出向く
以後指定のスケジュールで
ハローワークへ出向く
*このケースの場合は、ハローワークの説明会から約3カ月強後に、1回目の支払いがあります。 *このケースの場合は、ハローワークへの求職の申し込みから、約1ヶ月強後に、1回目の支払いがあります。

   次へ→ 健康保険の手続き

TOP求人情報の利用法と転職時の手続き資格取得について

雇用保険の手続き|健康保険の手続き税金の手続き年金の手続き転職、退職時の手続き退職願の書き方

正社員IT・エンジニア人材派遣医療関連アルバイト在宅ワークネット・フランチャイズ
資格・学校資格・通信講座リンク集サイトマップ

Copyrights(c)2004 イディオム All Rights Reserved