転職、就職、求人情報・お仕事ナビ

 年金の手続き

転職、独立開業に伴う、年金の手続きについての情報です。
<年金の種類>
年金は、現在2段階方式になっていて、職業により下記の3つに分けられています。
  1. 自営業者・・・国民年金のみの加入となります。
  2. 会社員・・・国民年金+厚生年金の両方に加入の必要があります。(強制加入)
  3. 公務員・・・国民年金+共済年金の両方に加入の必要があります。(強制加入)
厚生年金or
共済年金
厚生年金 共済年金
国民年金 国民年金
第1号
被保険者
国民年金
第2号被保険者
国民年金
第2号被保険者
国民年金
第3号被保険者

自営業者と
その奥さん

一般会社員

公務員

一般会社員or
公務員の奥さん

具体的には、
  • 自営業者、失業中の人は国民年金の第1号被保険者となり、奥さんも保険料を支払う必要があります。
  • 転職、就職した人は、国民年金第2号被保険者となります。奥さんは国民年金第3号被保険者となり、保険料は免除されています。

<年金の手続きについて>
転職が決まっている人 転職が決まっていない人
手続きの内容 退職する会社から、年金手帳を受け取り、転職先へ提出 退職する会社から、年金手帳の受け取り、国民年金に変更
手続きする場所 転職先の担当部署 市区町村の役所、役場
手続きの期限 入社後すぐに提出 退職の翌日から14日以内に手続き


<その他、年金について>
  • 国民年金は、20才以上60才未満の人は必ず、加入が義務づけられています。
  • 会社を退職した場合は、退職したその月から、国民年金の支払いが発生します。ただし、ちょうど月末に退職した場合は、翌月からの支払いとなります。つまり、月の途中で退職した場合は、その月の厚生年金は徴収されず、国民年金の支払いとなります。
  • ご自分の年金暦を調べる場合は、社会保険事務所で確認できます。ただし、これまで、国民年金第1号被保険者の場合は、市区町村の国民年金の相談窓口でも、確認できます。必ず、年金手帳が必要になりますので、お忘れないよう!

   次へ→ 転職、退職時の手続き

TOP求人情報の利用法と転職時の手続き資格取得について

雇用保険の手続き健康保険の手続き税金の手続き|年金の手続き|転職、退職時の手続き退職願の書き方


正社員IT・エンジニア人材派遣医療関連アルバイト在宅ワークネット・フランチャイズ
資格・学校資格・通信講座リンク集サイトマップ


Copyrights(c)2004 イディオム All Rights Reserved