転職、就職、求人情報・お仕事ナビ

 退職願の書き方

会社を退職するときに提出する、退職願の書き方とその具体例です。
会社側の都合で、退職する場合は「退職届」とします。
しかし、自己都合で退職する場合は、会社側への礼儀として、”退職届”ではなく”退職願”という書き方が、よいとされています。

退職願の提出の時期は、退職予定の1ヶ月〜2週間前が一般的ですが、会社の就業規則がある場合はそれに従います。

また、会社によっては、退職願の書き方が定められている場合がありますので、担当部署に前もって確認しておきましょう。

書き方は、無地の封筒の表に「退職願」と書き、裏面に所属先と氏名を縦に記入します。
用紙は、白の無地の便箋を使い、黒か青のサインペン等で、楷書で記入します。必ず自筆で書き、直属の上司に直接、手渡すのが原則になっています。

 退職願の書き方の具体例

(*画面の構成上、横書きとなっていますが、実際に作成するときは、縦書きに読み替えてください。横書きの書き方もありますが、まだ縦書きの方が一般的です。)

<書き方の具体例>
              退 職 願

                              私事

  一身上の都合により、来る平成17年3月30日をもって

退職いたしたく、ここにお願い申し上げます。


     平成17年2月20日

     営業開発課  鈴木 太郎 (印)


○○○株式会社

代表取締役社長  ○○○○殿


 退職願の書き方のポイント

  • 「退職願」は、行の中央に記入します。
  • 書き出しは、行の一番下に「私事」あるいは「私儀」と記入します。
  • 退職理由は「一身上の都合」「家事の都合」などの慣用句を使用し、理由を詳細に書く必要はありません。
  • 退職日は、会社側と話し合いをして、確定した日付を記入します。
  • 自分の所属先と氏名は、会社への宛名より下に記入します。
  • 氏名の後には、必ず捺印を忘れずに!(市販の三文判でOK)
  • 最後に、会社名と会社の代表者である社長名を記入し「殿」の敬称をつけます。
  • 退職願には、無駄な事は一切記入する必要はなく、書式を守った書き方にします。
  • 最後に、退職願の内容と書き方を、もう一度見直して日付の間違いや、誤字脱字がないことを確認します。

  求人情報サイトはこちら

TOP求人情報の利用法と転職時の手続き資格取得について

雇用保険の手続き健康保険の手続き税金の手続き年金の手続き転職、退職時の手続き|退職願の書き方

正社員IT・エンジニア人材派遣医療関連アルバイト在宅ワークネット・フランチャイズ
資格・学校資格・通信講座リンク集サイトマップ

Copyrights(c)2004 イディオム All Rights Reserved