薬剤師転職サイト信頼マップナビベスト【公式】

薬剤師転職サイト信頼マップナビベスト【公式】

薬剤師転職サイト信頼マップナビベスト公式サイトは、転職を成功させる薬剤師求人サイトのおすすめやノウハウ、情報を誰ですぐに理解し、活用できる口コミ比較まとめサイトです。

薬剤師転職サイト信頼マップナビベスト【公式】

薬剤師転職サイト信頼マップベスト【公式】は、信頼できる薬剤師転職サイトのみを厳選して、選出しています。

 

薬剤師転職サイト信頼マップベスト【公式】は、以下のような方に向いています。

 

  • 現在の職場に不満を持っており、それを解消したい方
  • 転居、結婚・出産・育児、親の介護などの要因で職場を辞めざるを得なかった方
  • 希望条件に合った好条件・好待遇の職場(薬局、ドラッグストア、病院・クリニック、企業)に就きたい方
  • 初めての転職・ブランクあり・未経験の職種への転職希望で不安な方

 

基本は正社員の求人に強い薬剤師転職サイトを比較検証していますが、派遣薬剤師、パートでの働き方を希望する方にもピッタリな薬剤師転職サイトもあります。

 

薬剤師転職サイト信頼マップベスト【公式】に掲載されている薬剤師転職サイトは、信頼性をベースに選出した薬剤師転職サイトなので、安心してください。

 

薬剤師転職サイトを活用することで、活用しない人より転職活動を有利に進めていくことができるでしょう。

 

薬剤師転職サイトランキングおすすめベスト8

マイナビ薬剤師イメージ1
総合評価
/5点満点中
登録料0

マイナビ薬剤師は薬剤師専門の転職サイトとしては、総合的に最も優れたサイトといっても差し支えありません。

知名度、満足度、転職実績、求人の数・質、サービス・コンテンツの充実度、いずれもトップクラスです。

転職で正社員(正規雇用)を希望するのなら、まず登録しておくべきサイトといえるでしょう。

マイナビ薬剤師の評価
  1. ご利用満足度№1※
  2. 業界最大級!公開求人は5万3千件以上
  3. キャリアアドバイザーの親身な転職サポート
  4. 全国15拠点、転職相談会・セミナー開催
  5. 薬剤師転職サイト髄一の転職関連コンテンツ

※『薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査』アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社(2021年7月)

*特にこんな方に向いています

  • 正社員での転職を希望する方
  • 調剤薬局、ドラッグストア、病院・クリニック、企業への転職を希望する方
  • 転職が初めての方
ファルマスタッフイメージ1
総合評価
/5点満点中
登録料0
ファルマスタッフの特徴

ファルマスタッフは大手薬局チェーンの日本調剤の運営する薬剤師転職サイトです。

「初めての転職で使いたい、20代・30代に強い、ハイクラス転職に強い」薬剤師転職サイトNo.1というイメージ調査の結果があります。

派遣薬剤師としての転職、高収入の職場への転職を希望する方にもおすすめです。

ファルマスタッフの評価
  1. 薬剤師に選ばれる転職サイトNo.1(※)
  2. 転職相談満足度96.7%(※2)
  3. 公開求人は4万3千件以上
  4. 全国12拠点、お仕事相談会実施中
  5. 地域密着で求人票にない情報あり

(※1)日本マーケティングリサーチ機構調べ(調査月:2021年11月)

 

(※2)お客様満足度調査アンケート(2022/7/14~8/12実施)

*特にこんな方に向いています

  • 正社員、派遣での転職を希望する方
  • 調剤薬局への転職を希望する方
  • 初めての転職の方
  • スキルアップ・キャリアアップを目指す方
リクナビ薬剤師イメージ1
総合評価
/5点満点中
登録料0

実績のあるリクルートグループならではの転職サポート、組織力とネットワークを活用できます。

信頼性と安心感ではトップクラス。

特に正規雇用を希望する方、希少求人を探している方、スピード転職を希望する方におすすめです。

リクナビ薬剤師の評価
  1. 認知度No.1※
  2. 転職支援実績トップのプロのサポート
  3. リクルートGの組織力・情報網
  4. 選りすぐりの非公開求人を多数保有
  5. 最短で3日のスピード転職

*特にこんな方に向いています

  • 正社員での転職を希望する方
  • 調剤薬局、ドラッグストアへの転職を希望する方
  • 希少求人を探している方
  • スピード転職を希望する方
薬キャリエージェントイメージ1
総合評価
/5点満点中
登録料0

薬キャリエージェントは薬剤師会員21万人のエムスリーグループと人材紹介のノウハウを持つ(株)エス・エム・エスの運営する薬剤師転職サイトです。

薬キャリエージェントは上位3サイトほどの転職サポートはありませんが、レスポンスの早さは1、2を争います。

調剤薬局や病院薬剤師、特に派遣、パートを探している方、スピード転職を希望する方におすすめです。

薬キャリエージェントの評価
  1. 薬剤師登録者数№1(※1)
  2. コンサルタント満足度95%(※2)
  3. 公開求人は3万2千件以上
  4. 最短即日、最大10件の求人を紹介
  5. 求人の内情を徹底的に調査

(※1)薬剤師ポータルサイトにて19社中、年間登録者数No.1(2015年3月自社調べ)

(※2)2014年10月エムスリーキャリア調べ

*特にこんな方に向いています

  • 正社員・派遣・パートでの転職を希望する方
  • 調剤薬局や病院薬剤師への転職を希望する方
お仕事ラボイメージ1
総合評価
/5点満点中
登録料0

全国300店舗の調剤薬局グループ、アイセイ薬局が出資、株式会社AXISの運営する薬剤師転職サイトです。

マッチング率が高いこと大きな特徴となっています。

調剤薬局で働き方におすすめです。

お仕事ラボの評価
  1. 定着率95.6%(※1)
  2. ご利用満足度は90%以上(※2)
  3. 転職後のサポートもお任せ

(※1)自社調べ「求職者への3ヶ月間定着確認」2018年2月現在

(※2)Medical Tribune 調べ

*特にこんな方に向いています

  • 正社員・派遣・パートでの転職を希望する方
  • 調剤薬局への転職を希望する方
アポプラス薬剤師イメージ1
総合評価
/5点満点中
登録料0

アポプラス薬剤師は、薬剤師専門で27年の実績のある薬剤師転職サイトです。

非公開求人は全体の求人の8割以上で、正社員・派遣・パート求人が豊富にあります。

薬剤師研修制度があるので、特にブランクありの薬剤師におすすめです。

アポプラス薬剤師の評価
  1. 転職サポート27年の実績
  2. 求人は3万8千件以上
  3. 調剤実技研修やスキルアップ研修あり

(※1)自社調べ「求職者への3ヶ月間定着確認」2018年2月現在

(※2)Medical Tribune 調べ

*特にこんな方に向いています

  • 正社員・派遣・パートでの転職を希望する方
  • ブランクありの方
ヤクジョブ.comイメージ1
総合評価
/5点満点中
登録料0

医療・福祉分野に特化している人材紹介・派遣会社のクラシス株式会社(1996年創業)の運営する薬剤師転職サイトです。

7,000社以上との取引企業、医療機関があります。

正社員以外に派遣薬剤師の仕事を探している方におすすめです。

ヤクジョブ.comの評価
  1. ご利用満足度97.7%(※)
  2. 求人は3万8千件以上求人は43,490件(2022年7月時点)
  3. お友達紹介Wキャンペーンあり

(※)クラシス株式会社調べ

*特にこんな方に向いています

  • 正社員・派遣・パートでの転職を希望する方
  • 調剤薬局への転職を希望する方
病院薬剤師ドットコムイメージ1
総合評価
/5点満点中
登録料0
地域限定(関東・近畿)

調剤薬局最大手、株式会社アインホールディングスの子会社メディウェル(1996年設立)の運営する転職実績1万人以上の薬剤師転職サイトです。

本社は北海道札幌市中央区、メディウェル東京は東京都渋谷区にあります。

病院薬剤師の求人を探している方におすすめです。

病院薬剤師ドットコムの評価
  1. 利用者満足度95.8%
  2. 納得いく転職にこだわり
  3. 関東・近畿限定

(※)クラシス株式会社調べ

*特にこんな方に向いています

  • 関東、近畿で正社員・派遣・パートでの転職を希望する方
  • 病院薬剤師への転職を希望する方

 

薬剤師の離職率は?


厚生労働省の公表した令和3年度の産業別離職率をみると、薬剤師が含まれる医療福祉業界の離職率は、13.5%でした(※1)。

 

同じ年の常用労働者全体の離職率は13.9%でした(※2)ので、薬剤師が含まれる医療福祉業界の離職率はほぼ平均的な数値であることがうかがい知れます。

 

薬剤師に絞った離職率は、2009年4月から2010年3月までの古い調査になりますが、株式会社ネグジット総研の保険薬局の47社を対象にした「保険薬局の離職率実態調査」(※3)によると、薬剤師が9%、パート薬剤師が21%で、全体として10%という結果が出ています。

 

薬剤師の離職率は、平均よりも低い傾向にあることが判ります。

 

それでは薬剤師の転職の時期、タイミングで多いのは就職してから何年目なのかというと、多い順から、①10年目以降、②2年目、③3年目、④4年目、⑤1年目、5年目、6年目となっています。

 

早期の離職が多く、3年以内に42%、10年目以降は22%です(※4)。

 

薬剤師の転職理由は?


薬剤師の転職理由(退職理由)については、様々な調査が行われています。

 

転職を希望する薬剤師が登録する薬剤師転職サイトが独自にアンケートを取ったり、実際に会って聞き取り調査をしているのですが、おおよそ似たような結果に落ち着きます。

 

たとえば、薬キャリによると、

 

  • 「スキルアップ」
  • 「人間関係の不満」
  • 「勤務時間・残業時間の不満」
  • 「転居のため」
  • 「育児・介護のため」

 

が、

 

マイナビ薬剤師によると、

 

  • 「年収と待遇の不満」
  • 「人間関係の不満」
  • 「職場環境の不満」
  • 「スキルアップのため」
  • 「転居など外部的要因」

 

が転職の理由(退職の理由」で多かったものです。

 

つまり、今ある抱えている不満を解消するためか、ライフスタイルの変化に対応するために転職するわけです。

 

薬剤師転職エージェント(転職サイト)の選び方のコツ

【選び方のコツ①】複数サイトに登録する

薬剤師転職サイト(転職エージェント)はインターネット上に50社以上存在しています。
もちろん、転職エージェントによって保有する求人、条件の良い非公開求人はことなるため、複数社の薬剤師転職サイトに登録した方が、多くの非公開求人をチェックできます。
転職を成功させる鉄則の一つが「選択肢を増やす」ことであることを考慮すれば、複数の転職サイトに登録することをお勧めします。

 

【選び方のコツ②】転職したい業種・職種に強い転職サイトを選ぶ

転職サイトによって「大手の薬局チェーンに強い」「製薬会社・企業への転職実績が多い」「ドラッグストアの求人が多い」など、得意分野があります。
そのため大手調剤薬局、ドラッグストア、地域密着の町薬局、総合病院、企業など、転職したい業界を得意とする薬剤師転職サイト(転職エージェント)を選びましょう。

 

【選び方のコツ③】相性の良いキャリアアドバイザー(コンサルタント)を選ぶ

キャリアアドバイザー(コンサルタント)との相性が良い・悪いは、転職の成功、失敗を左右しますので、非常に重要です。
キャリアアドバイザーの都合ではなく、あなた自身の希望を汲み取って、親身に転職サポートをしてくれるキャリアアドバイザーを選ぶことが大切です。